上島会計事務所便り

名古屋の上島会計事務所から、お客様へのお知らせやスタッフが気がついたことをご案内しています。

2011年10月18日(火)

『上島会計 東北旅行記 第1班』 [スタッフ便り]

震災の影響を肌で感じ、そしてお金を落として少しでも東北を支援しよう!ということで事務所では急遽東北旅行が企画されました。
2つの班に分かれて行ってきましたので、今回は第1班のご報告です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

奥に見えるのが金色堂がある建物

初日は名古屋から新幹線で仙台へ向かい、仙台からレンタカーで世界遺産に登録されたばかりの平泉中尊寺金色堂へ行ってきました。
平泉は源義経ゆかりの地で、お寺の多くは平安〜鎌倉時代に建造されたんだそうです。

画像(135x180)・拡大画像(324x432)

以前金色堂の中心にあった柱だそうです

お寺が集まる観光地というのは日本各地にありますが、
平泉の建造物の多くは再建されたものではなく当時のままの姿で残っていて、また東北の山間にある土地ということもあって観光地然とした華やかさがなく、原始的な日本の信仰の地という雰囲気でさすが世界遺産という感じでした。

初日の夜は花巻温泉に泊まりましたが、とても大きなホテルにもかかわらず満室状態とのことで、我々と同じように東北を応援しよう!という方が多かったのかな?とちょっと嬉しくなりました。

2日目は今回の一番の目的でもある被災地視察。

車で沿岸部に向かったのですが、道中は屋根にブルーシートをのせた家や、
壁がはがれた家が散見されたものの、映像で見たような被害は見られず
「この辺りは思ったよりも被害がなかったのかな?」と思いながら見ていたのですが、
いざ沿岸部まで来てみると、そこにはやはり凄まじい被害の跡がありました。

テレビなどでは瓦礫の撤去は8割方終わって復興に向けての動きが
始まっているといったような報道がなされますが、
いざ現地を見てみると沿道にはそこかしこに1階がぐちゃぐちゃ、2階も窓が割れ、
とても人が住めるとは思えない状態の家屋が残されており、
復興どころか依然撤去を要する建物が多数取り残された状態でした。

印象的だったのはお店や家屋が津波でなくなり、人が住める街ではなくなってしまったため、
沿道に人通りが全くなく、街がゴーストタウンと化していたことです。

人気のない街で重機だけが砂ぼこりを上げて動いており、
奇妙な喧騒が響いていました。

テレビを見ていただけでは徐々に以前の状態に戻りつつあるくらいに思っていたのが、
こうして実際に見てみるとこの状態から被災前の活気を取り戻すことが可能なのか?
と思えるほどの状態で、今回、そうしたことを肌で感じることができ、
東北旅行にきた意味があったなと思うと同時に、今後もまだまだ国民全体での支援が必要で、
我々自身も少しでも手助けになるようなことが出来ればと思った次第です。

画像(175x180)・拡大画像(625x640)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

この脇を走り抜けていきました

ちなみに被災地では写真を撮りたかったのですが、被災地で写真をぱちぱち撮るのも憚られたので、転載となりますが被災地の写真を。私たちが通った時には道路上の瓦礫は撤去されていましたが、この缶詰は依然中央分離帯に残されたままでした。

画像(180x135)・拡大画像(600x450)

牛タン発祥の店『太助』の牛タン

その後は松島でご飯を食べて軽く観光をした後、夕方に仙台へ。
我々が訪れた時には仙台はちょうど『よさこい祭り』の最中ということもあって、
仙台の夜の街は人で溢れかえっており、昼に見た震災被害を忘れさせるほどの熱気に包まれていました。
そんな中、みんなで仙台名物の牛タンを食べた後は、各自思い思いに仙台の夜を満喫し、東北経済に大いに貢献してまいりました。

そして最終日も各自自由行動で、仙台周辺を散策した後、
最後も東北支援のためにお土産を山ほど購入して、帰路に向かいました。

そんなこんなで今回の旅行では被災地がまだまだ支援を要する状態だということ、
しかしそれでも東北の人々はくじけず元気に頑張っていることが確認できた、
有意義な旅となりました。

画像(180x135)・拡大画像(512x384)

よさこい祭り

画像(135x180)・拡大画像(324x432)

塩釜神社

画像(180x135)・拡大画像(512x384)

伊達政宗像


Posted by 上島会計 at 20時30分   パーマリンク

2011年09月28日(水)

22年度産業別経営動向 [スタッフ便り]

上島会計では税務会計システム最大手のTKCのシステムを利用していますが、
TKCでは申告データをもとに経営指標の統計を取っており、
これを「BAST(バスト)」(Business Analyses & Statistics By TKC)と呼んでいます。
(社を特定できるような情報は一切含まれていません)
BASTは標本数は20万社超と国内最大の企業統計となっており、毎年1度発行されます。
BASTは1月から12月を1つの年度としていますので、
23年度版は平成22年の1〜12月のデータをもとにしたものとなります。
平成23年に入ってから、大震災の発生や欧州の経済危機等、大きな変化が起きており、
直接的に参考にはなりませんが、簡単にご紹介したいと思います。

まず21〜22年への移り変わりという点では
21年度はリーマンショックの影響が最も大きかった年であり、
売上高や利益率などあらゆる指標が大幅に悪化しました。
なかでもとりわけ大きく悪化したのはやはり製造業です。
製造業では20年度以前、経常利益率が3%前後あったものが、
21年度には全企業平均でマイナスにまで落ち込んでしまいました。

【産業別売上高経常利益率の推移(%)】
産業 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
全産業 1.8 1.5 0.5 1.0
建設業 1.0 0.7 △0.1 0.1
製造業 3.1 2.6 △0.3 1.3
卸売業 1.3 1.2 0.6 0.8
卸売業 1.3 1.2 0.6 0.8
小売業 0.5 0.4 0.4 0.5
宿泊・飲食 0.2 △0.2 △0.6 △0.6
サービス業 2.4 2.0 1.2 1.5

東海地方は製造業が多いこともあり、地域別でみると平成21年から平成22年にかけての
黒字企業割合は東海地方の落ち込みが最も大きくなっています。
平成22年には若干改善するものの、リーマンショック前の水準にはほど遠い状況です。

【地域別黒字企業割合の推移(%)】
地域 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
北海道 50.3 48.7 47.4 50.1
東北 51.4 48.7 43.5 45.4
関東 45.8 44.2 37.6 38.7
東海・北陸 48.2 45.9 37.0 38.2
近畿 50.8 48.8 42.9 44.3
中国・四国 46.3 44.4 39.9 41.4
九州 52.0 49.4 46.3 47.3

そしてその後、平成23年には本来であればには更なる改善が期待されたところだったのですが、
大震災の影響で多くの企業が再び苦境に立たされる状況となりました。

下半期に関しては地震の影響による落ち込みを補うべく自動車各社、増産体制を取るとのことで、
今後の回復が期待されますが、欧州不安や中国の減速懸念等もあり、
厳しい経済環境は今後も続くと思われます。

しかしこんな時だからこそ「頑張ろう東海!」「東海の底力」で
日本の真ん中から日本を盛り上げていきましょう!

Posted by 上島会計 at 09時31分   パーマリンク

2011年05月10日(火)

『スタッフ便り』について [スタッフ便り]

このカテゴリーでは上島会計事務所スタッフが

巡回監査で関与先の皆様のところにお邪魔した際に気づいたことや

日々の出来事、ニュースなどで気になったことを

気ままに掲載して参ります。



Posted by 上島会計 at 09時30分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

11

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

PHOTO

上島税経会ボウリング大会開催のお知らせ

上島税経会ボウリング大会開催のお知らせ

TKC中部会『秋季大学2012』開催のお知らせ

TKC中部会『秋季大学2012』開催のお知らせ

第27回上島税経会ゴルフコンペ開催

第27回上島税経会ゴルフコンペ開催

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 上島会計事務所 All rights reserved.