上島会計事務所便り

名古屋の上島会計事務所から、お客様へのお知らせやスタッフが気がついたことをご案内しています。

2018年07月26日(木)

名古屋も大阪も暑いです [研修報告]

 昨日、ある研修を受けに大阪へ行ってきました。
 私は、大学時代の4年間を大阪で過ごしたため、懐かしい気持ちで大阪に降り立ちました。
 3年前と変わらない風景に懐かしさを感じましたが、同時に3年前にはなかった風景も広がっていて、
少し寂しい気持ちにもなりました。
 大阪だけではなく名古屋の駅前もそうですし、街中の風景がどんどん変わっていくことに、
時間の流れを感じました。


 研修では、「お客様に満足してもらうことが成功した秘訣」ということを教えてもらいました。
自己満足ではなく、どうしたら喜んでいただけるか、ということを大切にしていくことが、
結果的には未来の自分につながっていくのだと教えてもらいました。

 私は、「満足してもらう=喜んでもらう」ことは本当に大きな力になるのだと思います。
単純かもしれませんが、喜んでもらえてそれが相手の言葉や表情に現れたときは、嬉しいものです。

 私もそうですが日本人は、感謝を伝えるときに「すみません」を使いがちです。
でも、私はせっかく感謝を伝えるのであれば「ありがとう」を大切にしたいです。
そのほうが、相手にも私にもプラスの感情を運んでくれると思います。


上島会計事務所
渡辺

Posted by 上島会計 at 11時00分   パーマリンク

2018年05月09日(水)

TKC経営者アカデミックセミナー レポートA [研修報告]

 先日に引き続き、以下小川裕史のレポートです。

TKC経営者アカデミックセミナー〜経済展望と企業経営〜

 4月27日(金)にTKC経営者アカデミックセミナーがあり、学習院大学教授の伊藤元重氏の講演を拝聴してきました。

 まず、今の経済状況の話があり、ここ数年で最も悪かったのが2012年で、それ以降は回復傾向になっているとのことでした。雇用に関しても、65歳以上の就労者、女性、外国人の労働者が増え、有効求人倍率も高く、企業の業績も更新しているとのことです。

 ただこれだけ好調なのに成長率が上がらないのは、労働力のバランスが悪いのが影響しており、建設・介護・IT等では労働力不足で、賃上げが必要とされており、大手銀行では逆に過多となっており、あと何年後かで数千人の仕事がAIなどの影響でなくなる予測になっています。中小企業は一時的に苦しいかもしれませんが、労働条件の改善が求められています。また、2022年に向け労働力が毎年0.5%ずつ下がる見込みで、労働需要が同程度下がらないと厳しい状況になり、倒産・廃業・リストラが3%起きる予測です。これを逆にビジネスチャンスと捉え、働き方に変化をもたらすことが重要なってくると仰っていました。

 次に企業がやっておくべきこととして、『投資』(人材や設備等)をあげていました。今の日本は政府が財政赤字なのに対し、企業は貯蓄過剰の状態で、この分を投資に回せば経済はかなり良くなるとのことです。そして投資をしない企業はいずれ潰れる、ただ何の為に行うか、2020年以降の先を見据えて行うことが本当の投資でそのトレンドを見極めることが非常に大事とのことです。

 問題点としては、IT・IOTの成長により少しのミスで企業が生き残れなくなる状況にあり、中小企業の多産多死が続いています。また、大企業の下請けの中小企業は厳しい状況です。その中で労働供給等の調整、投資、技術革新・トレンドの見極めをしっかりと行い、IT、情報を有効活用し、ニッチな分野を得意としていくことで生き残れる時代になってくるそうです。

 今回の講演は経済の動向・予測を踏まえ、今とこれからの問題にどう対応していかなければいけないかという話で大変興味深い内容ではありましたが、実際にはどれだけ活かせるものなのか、どこまで対応できるものなのかという疑問も湧きました。
 まだまだ知識も少なく、経験も浅いですが、理論と実践の違いもしっかり学んでいきたいと思いました。

                                  上島会計事務所 
                                  小川 裕史

Posted by 上島会計 at 17時01分   パーマリンク

2018年05月07日(月)

TKC経営者アカデミックセミナー レポート@ [研修報告]

 4月27日、名鉄ニューグランドホテルにて、TKC経営者アカデミックセミナーが開催されました。

 以下、渡辺優里のレポートです。

 地域金融機関の役割と税理士との協働への期待
   〜いかに現行・顧問税理士との関係を築くか〜


 今回、上記の内容をテーマに家森義信教授より、1時間半にわたる講演がありました。
中小企業、銀行、税理士がそれぞれどのような役割を持っていて、どのような関係を築き上げることが、それぞれの立場でプラスになっていくのか、を講演いただきました。

 現在中小企業は様々な問題を抱えています。黒字ではあるが、事業承継等で倒産を余儀なくされること、小規模なために力をうまくつけられないこと、収益力が大きくならないことなど、中小企業ならではの課題です。そしてそれらの課題の多くは、景気循環等によって自然と解決するものではありません。そこで、中小企業は、銀行・税理士とうまく関わることが必要になってきます。
 現在、地域金融機関は、事業性評価に基づき、企業と一緒に考え、協力し合うことで、「WIN-WINな関係」をつくろうと動いているのです。地域金融機関は、地域に貢献したいという強い意志を持っているということです。
 中小企業が抱えている、資金不足や人手不足などの問題は、地域金融機関とともに、税理士の支援も重要になってきます。それぞれの機関に頼ることも重要ですが、双方に頼れる関係を築くことがこれから必要になってくるのかもしれません。
 また、経営者としては、日ごろからの関係づくりを大切にし、互いに信用できるようにしておくことが将来に向けて、必要なことだとおっしゃられていました。


 私は、この講演から2つのことを考えました。一つは、「知ることの重要性」もう一つは「関係を築くことの重要性」です。
 「知ること」に関しては、知識はもちろんですが、周りで起きていること、今のトレンドなど、様々な視点からの情報を持っていることが考えの幅、行動の幅を広げてくれるということです。「銀行」というイメージだけが先行してしまうと助けを求めることができないかもしれません。しかし、現在、地域に貢献し、「WIN-WINな関係」を築こうとしているということを知っていれば少しは壁が低くなるのではないでしょうか。
 「関係を築くこと」に関してもいつも必要とされていることですが、いろんな立場の人との関係があり、それぞれを大切にしていくことが自分にとって大きな財産となるということを改めて考えさせられました。いい関係を築けているからこそ、いざというときに助けあうことができ、さらに自分たちを良い方向に進めてくれるはずです。「信用」は言葉にするのは簡単ですが、地道で、しかしとても必要なことです。


 これらは、生きていくうえで当然のことかもしれません。しかし、日々の生活に追われていると忘れてしまいがちです。講演もきっかけだし、いろんなところにあるきっかけから、前向きにいろんなことに向かえる人になっていきたいと思います。

Posted by 上島会計 at 17時11分   パーマリンク

2017年11月09日(木)

TKC秋季大学 レポートその2 [研修報告]

先日に引き続き、小川裕史によるTKC秋季大学レポートです。

〜飯塚真規氏 『税理士業界を取り巻く最新情報とTKCの支援策  
          ー  中小企業の経営を伴走型で支援するために!』〜


 10月26日(木)にTKC中部会秋季大学2017があり、株式会社TKCの代表取締役専務執行役員の飯塚真規氏の基調講演を拝聴してきました。

 まず、TKC会員による中小企業支援の実績についての話があり、現在、金融機関から中小企業の支援の担い手として会計士・税理士事務所が注目を浴びているとのことです。それは360万ある中小企業者に対し、経営改善計画策定支援やIT導入支援、支援機関との連携等の取り組みをし、大きな成果を上げていることによるものです。

 次に中小企業が生産性・業務効率の向上の為には、伴走型の支援者が必要で、その支援者としてはITを活用した会計の専門家で経営革新等支援機関たる税理士が適任であるとのことでした。それは巡回監査をする税理士が窓口となることで、他の支援機関と連携して支援することができるからです。その役割では「財務管理」と「経営能率の向上の為の情報システムの構築」が重要になってきます。

 また日々の業務の中で会社の健康診断を行い、TKC経営指標BASTと呼ばれる細かな同業他社のデータを活用し中期経営計画を立て、そのモニタリングを実施することで業績を改善する「会計で会社を強くする」ことが可能になります。


 会計事務所、金融機関、関与先の三者の関係を強化し、過去の決算書より将来に向けたビジネスモデルへの期待・評価をしていく為の様々なバックアップ体制が整っており、その役割を担える会計事務所として、また一人ひとりが関与先と伴走型の支援を行っていくことが求められているのだと思いました。私は入所して10か月ほどで、日々学ぶことばかりです。まだシステムや制度をうまく活用するまでの知識がありませんが、早くインプットしてきたことをアウトプットへと繋げていけるようにしていきます。


 今回の講演は中小企業者の方に向けた内容ではなく、会計事務所に向けた内容だったのではないかなと思います。もう少し会計や中小企業の経営支援についての話が聞くことができれば良かったのではないのかと思いました。

Posted by 上島会計 at 12時56分   パーマリンク

2017年11月07日(火)

TKC秋季大学 レポートその1 [研修報告]

 10月26日(木)に、ウェスティンナゴヤキャッスルホテルでTKC秋季大学が開催されました。
研修報告として、今年入所1年目の2人に講演レポートを書いてもらいましたのでご一読いただけると幸いです。

 まずは、渡辺優里によるレポートです。

 〜さかなクン氏 『さかなクンのギョギョッとびっくりお魚講座』レポート〜 

今回の特別講演は、さかなクンによる講演でした。さかなクンはみなさんもテレビで一度はご覧になったことがあると思います。そんなテレビの世界にいる人の講演ということもあり、秋季大学にいらっしゃったお客様も事務所職員も楽しみにして講演に臨みました。

 講演の内容は、「さかな」という言葉の由来に始まり、様々な魚類の紹介をしていくというスタイルでした。普段よく名前を聞く魚類も初めて聞くような名前の魚類もいろいろ説明してくださり、時間が足りないくらいでした。魚はいつも何気なく食べるとか、水族館でボーっと眺めるくらいしか接点がないので、調べていくと奥が深く、未知なこともたくさんある世界なのだと思わされました。

 さかなクンの知識は本当に豊富で、一つの魚の話をしている中でも次から次へとその魚にまつわる話が出てきて、そこから派生する知識も次々に出てきました。そこまでの知識を人の前で披露できるようになるには、相当の努力をし、知識を自分のものにして自分の言葉で何度も話していかないといけないのだろうと思いました。それが、プロの姿だと実感しました。

 私が今回の講演を聞いていて感じたのは、さかなクンは本当に魚が好きなのだということです。テレビをご覧になるときに感じる人も多いと思いますが、おそらくみなさんが想像されるそのままの姿でした。好きだから、熱中して研究して、好奇心を持っていろいろなところに行き、経験する。それを当たり前のようにしているさかなクンはすごいな、と純粋に思いました。

 好きなことを仕事にしている人、そうではない人、いろいろな人がいらっしゃると思いますが、私は、少なくとも自分のやっていることに誇りをもてるようになりたいと思いました。私は、事務所に入所してもうすぐ1年なのですが、毎日本当にたくさんのことを学んでいます。一方では、知識が追いつかないため困ることも多いです。そこであきらめずに、もっといろんなことを吸収していけたら、少しずつでも将来、自分の仕事に誇りを持てるような人になることができるのかな、と思いました。そんな人になれるように、精いっぱい努力していきます。

Posted by 上島会計 at 14時01分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

PHOTO

TKC中部会『秋季大学2012』開催のお知らせ

TKC中部会『秋季大学2012』開催のお知らせ

第27回上島税経会ゴルフコンペ開催

第27回上島税経会ゴルフコンペ開催

上島税経会ボウリング大会開催のお知らせ

上島税経会ボウリング大会開催のお知らせ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 上島会計事務所 All rights reserved.